調剤事務の資格が取得できる通信講座を徹底調査!

HOME » 調剤薬局事務資格のおもな種類をチェック » 調剤報酬請求事務技能認定

調剤報酬請求事務技能認定

全国どこでも生かせる人気の調剤薬局事務の資格「調剤報酬請求事務技能認定」の特長や、この資格がとてる通信講座、試験内容、受験料についてご紹介します。
調剤薬局事務の仕事には特に資格が必要なわけではありませんが、資格があれば知識があることの証明となり就職にも有利です。

医療保険調剤報酬事務士の特長

調剤報酬請求事務業務の従事者として必要な調剤報酬請求事務等の知識と技能を有していることを証明する資格です。

医療保険調剤報酬事務士の資格を取得する方法

  • 資格区分:民間資格
  • 資格名:調剤報酬請求事務技能認定
  • 受験資格:財団法人 日本医療教育財団が承認した教育機関で、財団が定める所定の教育訓練ガイドラインに適合したカリキュラムで技能を修得した者
    ※認定教育機関が実施する修了試験に合格する
  • 試験場所:在宅受験
  • 試験時間:学科・実技あわせて80分

試験内容

  • 学科問題…25 問以上 三肢択一式(医療保険制度、高齢者医療制度、公費負担医療制度、医事法規一般、薬学一般、保険薬局業務)
  • 実技問題…調剤報酬明細書の作成・点検

※答案作成については実技試験、学科試験とも資料などを参考にすることが認められています。

  • 試験範囲…学科問題…医療保険制度、高齢者医療制度、公費負担医療制度、医事法規一般、薬学一般、保険薬局業務の知識
  • 実技問題…調剤報酬明細書の知識

合格基準

・学科試験…90%以上
・実技試験…90%以上

  • 受験料:3,000円
  • 試験結果と合格証:財団認定の教育機関が実施する修了試験に合格後に(財)日本医療教育財団に技能認定を申請する
  • 主催団体:財団法人 日本医療教育財団  〒101-0064 京都千代田区猿楽町2-2-10

医療保険調剤報酬事務士の資格が取れる講座

医療保険調剤報酬事務士の資格は以下の講座で取得することができます。

  • ニチイの調剤薬局事務講座
  • 日本医療事務協会(三幸医療カレッジ)の調剤事務通信講座
 
調剤事務の通信講座ランキング