調剤事務の資格が取得できる通信講座を徹底調査!

HOME » 調剤薬局事務資格のおもな種類をチェック » 調剤事務管理士

調剤事務管理士

女性に人気の調剤薬局事務の資格「調剤事務管理士」の特長や、受験資格、試験内容、受験料についてご紹介します。
調剤薬局事務の仕事には特に資格が必要なわけではありませんが、求人条件に資格優遇と明記されているところが多いので、資格を持っている方が有利です。

調剤事務管理士の特長

調剤報酬に関する基礎知識を持ち、調剤報酬の仕組みを正しく理解して、調剤報酬の算定や請求をしたり、受付業務などを担当できる事務スキルを証明する資格です。

調剤事務管理士の資格を取得する方法

  • 資格区分:民間資格
  • 資格名:調剤事務管理士
  • 受験資格:なし
  • 試験日:毎年6回(1月・3月・5月・7月・9月・11月)
  • 試験場所:ソラスト教育サービス指定会場、受験申請のあった専門学校、各種学校等
  • 試験時間:学科・実技あわせて2時間

試験内容
・学科試験…筆記(マークシート) 10 問
・実技試験…調剤報酬請求明細書(レセプト)の点検 1 問、作成 2 問
※答案作成については実技試験、学科試験とも資料などを参考にすることが認められています。

出題範囲
・学科試験
1)法規(医療保険制度、調剤報酬請求の知識)
2)調剤報酬請求事務(調剤報酬点数の算定、調剤報酬明細書作成、薬剤用語の知識)
・実技試験…調剤報酬明細書作成の知識
合格基準
・学科試験…100点満点中70点以上
・実技試験…3問の問題毎に50%以上で、3問合計で70%以上

  • 受験料:5,500円(税込)
  • 合格発表:試験実施後1ヵ月以内に文書で通知
  • 主催団体:㈱技能認定振興協会

調剤事務管理士の資格が取れる講座

調剤事務管理士の資格は以下の講座で取得することができます。
ユーキャン、ソラスト、がくぶん、キャリアカレッジジャパン

 
調剤事務の通信講座ランキング