調剤事務の資格が取得できる通信講座を徹底調査!

HOME » 調剤薬局事務資格のおもな種類をチェック » 調剤薬局事務士

調剤薬局事務士

通信でも取得でき、家事と仕事を両立できる調剤薬局事務の資格「調剤薬局事務士」の特長や、受験資格、試験内容、受験料についてご紹介します。
調剤薬局事務の仕事は資格が必要なわけではありませんが、資格を持っていれば面接時にアピールすることができ、採用される確立も高くなります。

調剤薬局事務士の特長

医療保険制度、薬に関する基礎知識と処方に関する基礎知識、保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則に関する専門知識と調剤報酬明細(レセプト)作成の知識があることを証明する資格です。

調剤薬局事務士の資格を取得する方法

  • 資格区分:民間資格
  • 資格名:調剤薬局事務士
  • 受験資格:日本能力開発推進協会指定の認定教育機関等が行う教育訓練の全カリキュラムを修了した者
  • 試験日と試験場所:協会指定認定教育機関でのカリキュラム修了後、随時。在宅受験可
  • 申込方法:カリキュラムを修了後、所定の受験申込書に必要事項を記入して日本能力開発推進協会に送付、申込手続き後に試験問題発行

出題範囲

学科試験
・薬に関する基礎知識
・処方に関する基礎知識
・医療保険制度

実技試験
レセプトの作成の基礎知識

  • 合格基準:70%以上
  • 受験料:3,500円
  • 合格発表:回答用紙到着後1ヵ月以内に郵送で合否結果と認定証を送付
  • 主催団体:一般財団法人 日本能力開発推進協会

調剤薬局事務士の資格が取れる講座

調剤薬局事務士の資格は以下の講座で取得することができます。
キャリアカレッジジャパン

 
調剤事務の通信講座ランキング