調剤事務の資格が取得できる通信講座を徹底調査!

HOME » 調剤薬局事務資格のおもな種類をチェック

調剤薬局事務資格のおもな種類をチェック

調剤薬局事務の仕事をするために、必ずしも資格は必要ではありません。
しかし、調剤事務の仕事は女性にとても人気のある職種のため、就職するのは
なかなか難しいです。
しかし、資格があれば知識の証明にもなり、雇い側も資格のある人なら安心なので採用される度合いも高くなります。
そして、何より自分の自信にもなるでしょう。

調剤薬局事務の資格はいくつかありますが、こちらではその主な資格について紹介します。

調剤事務の資格概要

主に以下の4つの資格があります。

「調剤事務管理士」 

・主催団体: ㈱技能認定振興協会
調剤報酬に関する基礎知識を持ち、調剤報酬の仕組みを正しく理解して、調剤報酬の算定や請求をしたり、受付業務などを担当できる事務スキルを証明する資格

「調剤薬局事務士」

・主催団体: 一般財団法人 日本能力開発推進協会
医療保険制度、薬に関する基礎知識と処方に関する基礎知識、保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則に関する専門知識と調剤報酬明細(レセプト)作成の知識があることを証明する資格

「医療保険調剤報酬事務士」

・主催団体: 医療保険学院検定委員会(医薬品卸業トップのメディパルホールディンググループ)
保険薬局での受付、処方せんの入力、会計、レセプト作成業務などを一手に引き受け、薬剤師との連携を行う調剤報酬請求業務のプロであることを証明する資格

「調剤報酬請求事務技能認定」

・主催団体: 財団法人 日本医療教育財団
調剤報酬請求事務業務の従事者として必要な調剤報酬請求事務等の知識と技能を有していることを証明する資格

 
調剤事務の通信講座ランキング