調剤事務の資格が取得できる通信講座を徹底調査!

HOME » 調剤事務の通信講座をはじめるまえに » 調剤薬局事務に向いている人とは

調剤薬局事務に向いている人とは

通信講座でも資格を取得できるため、子育て中の女性や結婚後にフルタイム勤務出来なくなった女性などに人気の調剤薬局事務。
この仕事はどんな人に向いているのでしょうか?

調剤薬局事務に向いている人

調剤薬局事務は、レセプト作成や保険者へ請求するための報酬を計算するなど、お金に関する数字を扱うことの多い仕事です。
そして、普通の会社の一般事務職とは違って、患者さんの受付という接客業務もあります。

レセプトの作成など、ほとんどコンピューターを使って入力管理するので、基本的なコンピュータースキルも必要です。

勤務先によっては以下のような業務をする場合もあります。

  • 薬以外の電話応対
  • レジ打ちや日計の精算
  • 出金管理
  • 銀行への売上金入金
  • 納品書や請求書の整理
  • 店内外の清掃
  • 文書類の作成
  • 薬に関する専門的なこと以外の説明

慎重に、正しく、確実に入力し、計算し、記録することが必要なので、几帳面さや慎重さを持った性格で、数字を扱うのが好き、デスクワークが苦にならない、人と会話するのが好き、広範囲に色々な仕事をするのが好き、という人なら調剤薬局事務に向いているといえるでしょう。

調剤薬局事務に向かない人

事務職よりも、体を動かしたり製造する仕事が好きな人、人と会話するより1人の方が好きな人、決められた1つの仕事をやるほうが好きな人は、調剤薬局事務には向かないでしょう。
しかし、それでも調剤薬局事務の仕事に挑戦してみたいと思う人は、どんな仕事でも経験してマイナスになるということはないので、あきらめずに、ぜひ挑戦してみましょう。

最初から全て完璧に出来る人はいません。

完璧にやろうとは思わず、少しずつ努力してスキルアップしていけばよいのではないでしょうか。

 
調剤事務の通信講座ランキング