調剤事務の資格が取得できる通信講座を徹底調査!

HOME » 調剤事務の通信講座をはじめるまえに » 調剤薬局事務の仕事内容

調剤薬局事務の仕事内容

調剤事務の講座は通学しなくても通信講座で資格を取得できるので、女性を中心にとても人気があります。
では、調剤事務とは、具体的にどういう仕事なのでしょうか?
また、その資格はどのように生かすことができるのでしょうか?

調剤事務の仕事

調剤薬局では、医療機関から交付された処方箋をもとに薬剤師さんが調剤をして、薬を患者さんに渡しますが、その時、患者さんに服用の注意点、薬の説明などについて説明します。

調剤事務とは薬剤師さんが調剤業務に専念できるように補助する仕事で、以下の仕事を行います。

処方箋受付

新規か再来かの確認と、処方箋が有効期限切れでないかどうか確認する

新規患者の登録

新規患者には病院のカルテにあたる薬歴簿を作成する

再来患者の受付け

薬歴簿を参照して保険証に変更がないか確認し、変更があれば保険証を提示してもらう

処方入力・調剤録作成

コンピューターに薬剤師の確認済み処方箋を入力し、調剤録を作成する

薬歴簿の記入

薬剤師による服薬指導後、処方箋に基づき薬歴簿に処方内容を記入する

会計

薬歴簿記入後、処方内容に従い調剤報酬を算定、患者の自己負担額の精算をする

レセプト(調剤報酬明細書)の作成

査支払い機関毎に1ヶ月分の調剤報酬をまとめる

現在では医薬分業のところが多く、外来患者の半数以上が調剤薬局から調剤を受けているそうです。
そのため調剤薬局は、どんどん増えています。

調剤薬局事務の資格を取得するメリット

いま、この職業が人気の理由をまとめてみました。

結婚後や出産後も働ける

正社員からパート社員へ勤務形態を変更したり、働き方が比較的自由になるので、結婚後や子育て時でも働けます。

家事と仕事を両立できる

パートタイムの募集も多いので、家事と仕事を両立させることができます。

全国で働ける

調剤事務の技能は全国どこでも通用するので、引っ越しても転居先の調剤薬局で働けます。

専門技能なのに習得しやすい

調剤薬局事務には専門的技能が必要ですが、比較的習得しやすく、3~4ヶ月学習すれば調剤事務資格が取得できます。

人と接する仕事

人と接することが好きな方には、子どもからお年寄りまで多くの方が訪れる調剤薬局はぴったりの職場です。

薬や保険の知識が役に立つ

薬の基礎知識や薬に関する法律、保険のしくみなどを学ぶので、自分や家族の健康管理や病院に行く時などに役立ちます。

 
調剤事務の通信講座ランキング